家を買うなら、中古マンションがお得

中古マンション 仲介営業の皆様へ
マンション仲介者様の応援人
大阪不動産なび トップページ掲載中!

1. 新築マンションに比べて購入後の価格の目減りが少ない。

新築マンション3,600万で購入、15年住んで1,900万で売却。月々9.4万
中古マンション1,900万で購入500万の改装、15年住んで1,900万で売却。月々2.8万
どちらがお得?
新築に比べてコミニケーションが出来ているので、住民の雰囲気がわかる。改装は仕上材や間取りは自由で大変安く出来る。

2. マンションは大半が検査済み書が有る。(検査済の無い建物はえたいがしれない)

検査済書は公の認める大切な書類です。戸建ての古いものは検査済書の無い物が多い。(何の保証も無い)

3. 1戸建てに比べて上下左右囲まれているので、温熱環境がいい。(夏は涼しく、冬は暖かい)

国が住宅断熱化を法律で決めようとしています。温暖化防止や電気代の省力化だけが、目的ではありません。
健康保険の縮小化も目指しています。寒いお家は健康に大変悪いのです。(ヒートショックによる脳梗塞等)

4.平面で使うので家族間のコミニケーションがとれ、動きがスムーズである。

5. 戸建てに比べて、視界が広い(眺望がいい)

6. 耐火建築物なので火災に強い。

7. 台風等の災害に強い。

8. 約10年に一度外壁改修されるのでいつまでも外観や防水性が保たれる。

9. 管理[掃除や管理人の動き]の程度は見ればわかる。(マンション選ぶなら管理を見ろ)

10. 1階以外は防犯(セキュリティー)にもいい。

11. 築25年経過したマンションは耐震基準適合証明がお得

検査済書のある新耐震基準に適合なマンションを確認出来ます。

12. 昭和56年以前(旧耐震)のマンションでもとれるフラット35は国が認めた優良物件

管理規約が確認できます。長期修繕計画の有無が確認できます。