中古住宅フラット35の適合証明の発行

>> 詳しくはコチラ(価格)
>> 必要書類はコチラ
>> 申込書はコチラ(2枚綴)

手続き方法

フラット35とは、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している長期固定金利住宅ローンです。 ご希望物件の「中古住宅フラット35の適合証明書の審査・発行」を行っております。

サービス料金

フラット35「フラット35S」のお得さをご存知ですか?

事前の相談・書類審査は無料です。

☆マンション 38,000円(昭和56年6月1日以降の確認済の場合)
それ以前のマンション 58,000円(建物形状によりますが、証明が取れる場合が7割位)


(いずれも上記価格+消費税10%)
フラット35Sを使う場合 +11,000円
不適合の場合は無料!

銀行で融資がだめな場合もフラット35で再挑戦

フラット35に「フラット35S」を追加で組めばさらにお得 (5年間金利0.6%引き下げ)
フラット35Sを使える建物

◎中古マンションの場合
床面積30㎡以上 2以上の居住室+DK
耐火構造(鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
☆浴室(UB)に手摺をつければ可能

◎必要書類
土地、建物の登記簿謄本
募集時のパンフレット(確認済書番号、検査済番号、間取り、床面積等確認出来るもの)
管理規約書が有ればOK
長期修繕計画書(20年以上の計画書、平成6年度以前の場合は15年以上)

フラット35の必要書類

①別紙 中古住宅適合証明申請書
※部に申請者に記入捺印お願いします。FAXで可
建物所在以下は 担当者 様が記入していただく方がスムーズと思います。

必要書類

②最新の現在有効な長期修繕計画20年以上(案と記載の書類は不可)と

最新の現在有効な管理規約の表紙と目次のコピー(目次がなければ、次の1P)

③建物登記書類 (権利部乙区は不要です)のコピー

④ 間取り図 (レインズ資料)

⑤ ※ (1)建築基準法令による処分等の概要書(役所発行の書類)もしくは、(2)建築基準法に基づく確認済証及び検査済証の記載事項証明書
行政(市役所)によって違いがありますが記載事項証明より簡単な場合がありますので、(1)が有るかどうか確認してください。なければ(2)の記載事項証明をもらってください
(確認済許可番号許可年月日及び 検査済番号許可年月日記載の書類)
※ 建築計画概要書(裏面共)

⑥旧耐震のマンションは、建物全体の平面図、立面図のコピー(販売当時のパンフレットで登記用の平面図ではありません。)