フラット35とは

民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する最長35年の全期間固定金利住宅ローンです。
【フラット35】Sを利用することで金利が一定期間引き下げられます!

借入時に返済終了までの金利が確定する安心の住宅ローンです。

このような不安はございませんか。

・この先ずっと低金利が続くか分からないので、中古住宅購入でも金利が固定できるフラット35が利用できないかな?

・住宅金融支援機構の技術基準に適合していないとフラット35が利用できないと聞いたが、どこに相談したらいいの?

・フラット35を利用するには、検査が必要と聞いたけど、その検査に合格しなかったら利用できないのだろうか?

・35年間という長期間の住宅ローンを払い続けなければならないが、建物自体、そんなに長期で持つだろうか?

・昭和56年5月31日以前の建物だけど、フラット35を利用できるだろうか?

・いつの段階でフラット35の適合証明書を発行してもらえばいいのだろうか?

フラット35適合証明書発行とは

長期固定金利住宅ローン【フラット35】は、資金の受取り時に返済終了までの借入金利、返済額が確定する住宅ローンです。

住宅金融支援機構が、定める中古住宅の技術基準に適合する中古住宅であれば、適合証明技術者の検査合格後、『フラット35適合証明書発行』により、長期にわたるライフプランを立てやすくなる【フラット35】が利用できるようになります。

【フラット35】は、「ずっと固定金利」の安心を与え、あなたの大切なマイホーム購入とその後のライフプランをサポートしてくれる安心システムです。

【フラット35】の4つのメリット

ずっと固定金利の安心

資金の受取時に返済終了までの借入れ金利と返済額が確定。

保証料0円、繰上返済手数料0円

一般的に住宅ローンの借入れに当たって必要となる保証料が不要。

保証人も必要なし。

また返済中に繰上返済や返済方法の変更を行う場合も手数料が不要。

機構の技術基準で、安心をプラス

住宅の断熱性・耐久性等について、住宅金融支援機構において技術基準が定められ、物件検査を受けられる。

(検査費用は自己負担)

返済中も安心サポート

多様な返済方法変更メニューがあり、返済についての悩みを親身になって相談を受けてもらえる。

また事情にあった返済方法変更の提案も受けられる。

【フラット35】を利用できる中古住宅

対象となる中古住宅

一戸建て、連続建て、重ね建て、地上階数2以下の共同建ての住宅

住宅の面積

70㎡以上

居住の要因

次のいずれかに該当する住宅
①借入申込日において竣工から2年を超えている住宅
②既に人が住んだことのある住宅

住宅の価格

購入価格が1億円以下(消費税含む)

技術基準への適合

住宅の耐久性、劣化状況などについて機構が定める技術基準に適合する住宅
以下の場合には、上記技術基準のほかに下記の基準にも適合していることが必要です。

◆建築確認日が昭和56年5月31日以前の場合 ⇒ 機構が定める耐震評価基準等
◆【フラット35】Sをご利用いただく場合 ⇒ 【フラット35】S[中古タイプ基準(金利Bプラン)]で定める基準

【フラット35】Sとは

【フラット35】Sとは、【フラット35】をお申込みのお客さまが、省エネルギー性、バリヤーフリー性など質の高い住宅を取得される場合に、借入金利を一定期間引き下げる制度です。


2017年10月1日以後の申込受付分 年▲0.25%

【フラット35】Sの2つのメリット

【フラット35】Sの技術基準には、中古住宅の場合 省エネルギー性、バリアフリー性、2つがあります。

省エネルギー性

涼しくて暖かい!冷暖房費に差がでます!

 

バリアフリー性

移動らくらく!将来も安心な住宅です!

・日本の高齢化率(65歳以上)は今後加速する
・家庭内の事故死は高齢者に集中