マンション購入後の増改築工事費をローン減税の購入費に上乗せできます。

増改築等工事証明書(住宅ローン減税・10年間の控除)のお得さをご存知ですか?

購入後改装工事をされ、その工事費をローン減税の購入費に上乗せしたい場合は、建築設計事務所登録した事務所の所属の一級建築士の証明が必要です。概略で、300万の工事費として10年間で約25万円のローン減税になります。(毎年のローン残高の1%の10年分)

増改築等工事等証明書の発行は、まず格設計一級建築士事務所へご相談下さい。

各種書類はコチラから印刷できます。

増改築等工事証明書の発行業務のご案内

*いずれも記載価格+消費税10%

増改築等工事証明書の発行費用

☆マンション
第2号工事(流し入替、UB入替、床の張替、間仕切壁の変更等)
38,000円
※必要書類、着工前竣工後の写真等が整理されておらず現地調査等が必要な場合 60,000円
☆戸建住宅
第3号工事(流し入替、UB入替、床の張替、間仕切壁の変更等)
55,000円
※必要書類、着工前竣工後の写真等が整理されておらず現地調査等が必要な場合 85,000円
第1号工事(構造変更を含む工事)
第4号工事(耐震改修工事)
第5号工事(バリアフリー改修工事)
第6号工事(省エネ改修工事)

建物ごとの
見積になります

必要書類

建物の登記簿謄本  工事契約書、最終支払い金額(領収書等)、工事報告書
写真 着工前・リフォーム後の写真
変更部のわかる平面図 (変更前の平面図、変更後の平面図等)